耐荷重は100kgと200kgだったらどっちがいいの?

今回もお客様からよくあるお問合せです。

当店のハンガーラックをご購入予定のお客様は、ハンガーラックを末永く使用したいというお気持ちが強いので、普段以上に慎重に悩まれるからだと思います。

 

 

そもそも耐荷重はどうやって決まるか

実は、耐荷重はハンガーラック脚部のキャスター(車輪)で決まるんです。ハンガーラックにはキャスターが4個ついていますが、1個ずつの強度で耐荷重が計算できます。

 

耐荷重100kg=キャスター1個あたり耐荷重(25~30kg)×4

耐荷重200kg=キャスター1個あたり耐荷重 50kg×4

 

しかしながら、ハンガーラックの耐荷重はあくまで静止荷重。ハンガーラックを動かさないときの耐荷重なんです。ハンガーラックを動かすと、フロアや動かし方などにもよりますが、実際の耐荷重はどんどん落ちていき、半分にまで落ちることも!例えば耐荷重100kgのハンガーラックの場合は、耐荷重が50kgまで落ちます。私も入社してから知りましたが、素人からしたら驚きですよね。

 

 

耐荷重200kgのハンガーラックがおすすめの人

 

ハンガーラックを動かすことが多い人

アパレル・劇場のバックヤードなど、一度に大量の服を動かす場合は耐荷重200kgのハンガーラックがおすすめです。ご家庭でも、秋冬の洋服をたくさんかけた後、掃除のときや自宅でのファッションショー(女性ならありますよね笑!)をするときに動かすなら200kgをおすすめします。

 

 

ハンガーラックに普段着ないものをかける人

当店で耐荷重200kgのハンガーラックを今までご使用いただいた例ですと、

 

ウエディングドレス

貸衣装

白衣

工場のつなぎ

リサイクルショップ

(買い取った服をかけるので、どれくらい服をかけることになるか検討がつかない)

学校の制服

 

などが多いです。普段着より、服が重いものをかけるときは耐荷重200kgのハンガーラックがおすすめです。

 

 

耐荷重100kgのハンガーラックがおすすめの人

 

定位置で普段着の収納として使う人

ご家庭で普段着をかけるぐらいで、ハンガーラックを動かすことがほとんどない場合は、耐荷重100kgで充分だと思います。当店のハンガーラックを初めて買われるお客様は、安物のハンガーラックで失敗された方が多いので、「今度こそは失敗したくない。不安だから耐荷重200kgの方が安心なのでは。」という心理が働くみたいです。私は普段着を書けるぐらいの使用なら、耐荷重100kgのハンガーラックを2台買った方が、コストパフォーマンスがいいと思います。