部屋干しはデメリットさえ解消すれば外干しより断然いい!

e647cb61512b658b3a66dfd0749ec10f_s

最近は外干しよりも部屋干しにしている方が増えています。外を歩いていても、洗濯物を干しているご家庭が随分少なくなりました。けれども、室内で服を乾かすからこその悩みもあるので、外干しと部屋干し、両方をする人が多いのではないでしょうか。今回は部屋干しならではの悩みを解決して、毎日部屋干しができるようにまとめてみました。

 

部屋干しのメリット4つ

 

1.有害物質が服にたくさん付着する心配がない

自宅から一歩外に出ると、花粉やPM2.5、排気ガスなど、目には見えないけど体に良くない物質が蔓延しています。部屋干しなら、有害物質が洗濯物に付着するのを避けることができます。

 

2.朝から干す作業をしなくていい

現代社会では共働きが当たり前で、主に家事を担う女性も朝から大忙し。朝の身支度や朝食づくりと比べるとどうしても洗濯物は優先順位が低くなりがち。朝はできればしたくない家事ではないでしょうか。部屋干しをすることで、少しでも朝が楽になればいいですよね。

 

3.自分の好きなタイミングで洗濯物を取り込める

もし頑張って朝に洗濯物を干しても、働いている途中に雨が降ったらせっかくの苦労が台無しです。また帰宅したら外はもう真っ暗で、洗濯物が夜風に当たっていることも。天候に左右されず、洗濯物を取り込む時間も気にしなくていい部屋干しで、安心して仕事に取り組めます。

 

4.人目を気にしなくていい

外干しは周囲から洗濯物が丸見えになるので、恥ずかしい気持ちが少なからず誰にでもあると思います。また、夜遅くまで干しっぱなしだと自宅に不在であることがバレてしまい、泥棒に狙われる危険もあります。

 

 

 

部屋干しにはデメリットもある

洗濯物が乾きにくい

室内は風と日光の自然の力を借りることができないので、洗濯物が渇きにくいです。

 

部屋干し臭

洗濯物が乾きにくいと、湿気も増えて雑菌が繁殖しやすい環境になります。雑菌は洗濯物のニオイをつくり、「部屋干し臭」に。なかなか臭いので厄介です。

 

部屋の見栄えが悪くなりがち

洗濯物の部屋干しはリビングでする方が多いのではないでしょうか。普段の生活空間に洗濯物が干されている光景は見ていてかなりうっとうしいですし、ストレスになります。

 

 

 

これさえ気をつければ解決

洗濯物をため込まない

洗濯機いっぱいに洗濯物を詰め込んだまま長時間放置すると、雑菌の温床になるだけでなく汚れも落ちにくくなります。洗濯物の量は、洗濯槽の7割以下に抑えて毎日洗濯しましょう。

 

間隔を空けて干す

風通しを良くして洗濯物を乾きやすいように、洗濯物同士の間に十分なすき間をつくりましょう。部屋が狭くて難しい場合は、扇風機やサーキュレーターを使うと空気の循環が生まれ、洗濯物の渇きが格段に早くなります。

 

部屋干しする環境を整える

部屋干しの光景がうっとうしいのは、きちんと部屋干しのスペースや干す場所を決めていないのが原因です。カーテンレールに服を引っ掛けるのではなく、部屋の中に設置できる物干し竿やハンガーラックを用意するとストレスも減りますよ。

 

 

外干しに比べて部屋干しは、現代の環境やライフスタイルに合っているので、これからもどんどん増えていくと思います。きちんと対策をすれば、一年中部屋干しできるので、是非取り入れてください。