ハンガーラックの収納はステージで魅せる

ハンガーラックの収納はステージで魅せる

 ハンガーラックの足元スペースが勿体ないもっと収納が欲しいお客様のご要望から生まれた、当店ハンガーラック専用の足元収納ステージ。柔らかい木のデザインはお部屋の雰囲気を温かくしてくれます。見せる収納のステージはインテリアの一部。だからこそ、上に置く物でお部屋のインテリアがぐっとお洒落な印象になるんです。バッグで収納もコーデする ハンガーラックに掛けた服で今日のお出かけコーデを決めたら、仕上げはバッグ。お部屋の中で置き場所に困るバッグをステージに飾ると、見せる収納に早変わり。[...]

詳細を見る >>

服をかけるやつの名前は?収納家具を一挙ご紹介

服をかけるやつの名前は?収納家具を一挙ご紹介

服の収納といえばまず思い浮かべるのが、服を畳んで片付けるクローゼット収納。けれども最近は、十分な収納スペースが確保できない住まいも多いので、服をかけるタイプの収納も増えてきました。服を畳む手間を省ける分、より便利になったのは嬉しいですね。でもいざ収納家具を買おうとしても名前を知らない方が多いので、今回は服をかけるタイプの収納家具をご紹介します。ポールハンガーポールハンガーとは、直立した一本の棒(パイプ)を支柱とし、支柱から枝別れした短い棒に衣類をかけるタイプのハンガーです[...]

詳細を見る >>

ハンガーラックのバスケットで収納力アップ

ハンガーラックのバスケットで収納力アップ

ハンガーラックを更に便利にするオプション、バスケットがお家で大活躍しています。 もちろん美d生活工房オリジナルなので、当店のハンガーラックにぴったりはまります。一見武骨な感じに見えますが、意外にもお部屋のインテリアを邪魔しない、シンプルなワイヤーバスケットなんです。 Tシャツを置いて魅せる収納ハンガーラックというと、服を「掛けておく」収納道具ですよね。けれども、このバスケットを使うと「畳んでおける」スペースも作れます。一番上の目に見えるところには、お気に入りのロゴTシャツ[...]

詳細を見る >>

着物を掛ける道具って何という?おさえておきたい着物収納必須アイテム

着物を掛ける道具って何という?おさえておきたい着物収納必須アイテム

着物を着終わった後、湿気をとるために必ず着物を陰干しします。けれども着物の収納道具は、お店ではなかなか見かけないですし、名前も分からないですよね。そこで、代表的な着物を掛ける道具をご紹介します。着物を掛ける和装ハンガー「衣紋掛け(えもんがけ)」 まずは着物を陰干しするために必須の着物用ハンガー。正式名称は「衣紋掛け(えもんがけ)」といいます。衣紋掛けは、袖口が長い着物に合わせて、横棒の幅が長くなっています。着物の収納道具の中でも、必須アイテムの一つです。着物版ハンガーラッ[...]

詳細を見る >>

衣替えは怖くない!楽しく収納する5つのコツ

最近すっかり冷え込んで、衣替えのシーズンになりました。秋冬の重たい服を運んで、収納できたと思ったら、今度は着なくなった春夏の服をしまわないといけないし・・。かなり面倒くさいし、ストレスですよね。実は、衣替えはコツさえつかめばとっても楽に早く終わるんです!今回は衣替えに役立つ収納術をご紹介♪1.まずはいらない服を断捨離!衣替えのときこそ、要らなくなった服を処分できるいい機会です。捨てる服の判断基準は、「去年ほとんど着ていない」「よれよれになったり縮んだり、傷んでいる」「流行[...]

詳細を見る >>

耐荷重は100kgと200kgだったらどっちがいいの?

耐荷重は100kgと200kgだったらどっちがいいの?

今回もお客様からよくあるお問合せです。当店のハンガーラックをご購入予定のお客様は、ハンガーラックを末永く使用したいというお気持ちが強いので、普段以上に慎重に悩まれるからだと思います。そもそも耐荷重はどうやって決まるか実は、耐荷重はハンガーラック脚部のキャスター(車輪)で決まるんです。ハンガーラックにはキャスターが4個ついていますが、1個ずつの強度で耐荷重が計算できます。耐荷重100kg=キャスター1個あたり耐荷重(25~30kg)×4耐荷重200kg=キャスター1個あたり[...]

詳細を見る >>

失敗しない ハンガーラック押入れ収納術 

失敗しない ハンガーラック押入れ収納術 

このページをご覧の方は、押入れの収納でお困りだと思います。押入れはスペースが広い分、どうしてもデッドスペースができやすいです。今回は、ハンガーラック専門店ならではのハンガーラックを使った押入れの収納術、失敗しない買い物などをお伝えします。まずはおさえたい、失敗しない押入れのハンガーラックとはキャスターなし押入れの中だとほとんど動かす必要がないのと、床に傷がつきにくいので、下がフラットなキャスターのないタイプがおすすめです。頑丈なもの(耐荷重)部屋のスペースに置くハンガーラ[...]

詳細を見る >>

頑丈なハンガーラックを選ぶポイント

頑丈なハンガーラックを選ぶポイント

今回は、業界の人間なら知っている、頑丈なハンガーラックを選ぶコツを伝授しようと思います。見るべきポイントは次の4点です。 ・耐荷重・キャスター・パイプの厚さ・接合部 順番に、詳しく説明していきます。耐荷重これが購入者側から見れば、一番分かりやすい目安です。前々回の記事「ハンガーラックは何故壊れるのか」でも書きましたが、安価なハンガーラックだと耐荷重が10~30kgと少なめ。大体、耐荷重80kg以上になると、細かい造りもしっかりしたハンガーラックが多いのでたくさん服を掛けた[...]

詳細を見る >>

ハンガーラックの組立が苦手な人必見!?自分に合ったサービスを選んでストレスを失くそう

ハンガーラックの組立が苦手な人必見!?自分に合ったサービスを選んでストレスを失くそう

ハンガーラックを購入したらほぼ間違いなく、避けて通れないのが組立作業。この作業、女性にとってはかなりストレスですよね。私も大の苦手なので、今では主人に任せっきりですが、一人暮らしのときには本当に苦労しました。しかし、ハンガーラックや家具の組立をしなくてもいいサービスや商品があることを、今の仕事に就いてから知りました。組立代行サービスや、当店のような組立不要の完成品での配達です。もっと早くから知っていれば・・と悔しい思いをしたのを覚えています(笑)今回は、組立作業・組立代行[...]

詳細を見る >>

ハンガーラックは何故壊れるのか

ハンガーラックは何故壊れるのか

先日、当店のハンガーラックを自宅用で購入し、我が家の服をかけ始めました。その途中で仕事がら「我が家の服って全部で何kgぐらいだろう?」と思い、量ってみたらなんと70kg!もありました。夫婦2人暮らしですが、どちらもあまり服には興味がなくめったに買いません。それでもこんなにあったのかと驚きです。そこで今回はハンガーラックを選ぶに当たり、大切なのに見落としがちな耐荷重についてのお話です。  耐荷重を知らないと後で後悔するハンガーラックを選ぶときには予算、デザイン、収納力も大事[...]

詳細を見る >>