ハンガーラックがすぐ壊れてしまう原因とは?耐荷重や接合部分に注目しよう!

家具屋やホームセンターのハンガーラックは安くて手に入りやすいと思います。
しかし、その安さに騙されて洋服を収納すると…いつの間にか倒れてる!!
といった問題があると思います。
私も家族兼用で使用している安いハンガーラックの脚元が曲がっていて真っすぐ立たないようになってしまったことがあります。
今回はなぜ、毎回ハンガーラックが壊れてしまうのかについて突き止めたいと思います。

 

実は服の重さが意識できていないのではないか?

耐荷重〇kgと書いているハンガーラック。
耐荷重〇kgって衣類がどれだけ収納できるかわかりませんよね、
一々服の重さなんか測ってられないわ!って感じですよね。

そこで!簡単におよその衣類の重さについてまとめてみました!

洋服の重さ一覧

<アウター>

ジャケット 400~500g

コート   850~1300g

ウールコート1000~2000g

毛皮コート 1000~3000g

ダウンジャケット850~900g

レザージャケット 700g

<シャツ>

長袖 320~400g

半袖 200~350g

<スカート・ワンピース>

スカート 300~400g

ひざ丈ワンピース 350~600g

<パンツ>

ジーンズ 560~950g

レザーパンツ400~500g

<その他>

スポーツウェア上下 500~700g

パーカー 600g

ジャケット 500~800g

セーター 400~650g

意外に衣類は重さがあるものですね…
もし耐荷重30kgのハンガーラックならジャケット60着の耐荷重ですが
当店の耐荷重200kgのハンガーラックなら400着かけられる耐荷重なのです!
およその目安ですがよかったら参考にしてみてください!

 

ハンガーラックの故障原因TOP5

ハンガーラックの故障原因で多い問題をランキングにまとめました。

1.負荷がかかりすぎてハンガーラックの脚元が曲がる

2.移動中の崩壊

3.重さに耐えられずキャスターが壊れる

4.収納しすぎてバーが折れた

5.過度な衣類の収納

ハンガーラックの脚元の故障が1番多いですね。
一般(ホームセンター)などのハンガーラックは脚元のパイプとパイプを繋ぐ溶接部分が
部分溶接になっているのがほとんどです。
部分溶接なので1つの部分が取れてしまうと、脚元が曲がったりしてしまって崩壊の原因になってしまうのです。

部分溶接の足元↓↓

完全溶接の足元↓↓

一方、当店のハンガーラックは溶接部分が完全溶接のためしっかりとしており
大人の男性が乗ってももちろん大丈夫!
安心安全のハンガーラックなのです!

いかがでしょうか、ハンガーラックが壊れる1番の原因は脚元の溶接の部分が原因だったのです
ハンガーラックの崩壊でお困りの方は当店のハンガーラックをオススメいたします!

おすすめ 業務用耐荷重200kgのハンガーラック

使用用途に合わせた幅をお選びいただけます
(クリックしてカテゴリページへ)

   

 

日本製ハンガーラックの専門店美d生活工房

びどせいかつこうぼう

仕事でお洋服をたくさん扱われる事業者さま、美d生活工房のタフグランハンガーラックはお客様の大切なお洋服を守り業務をスムーズに進めていただくためのお手伝いをいたします。

美d生活工房のタフグランハンガーラックはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です