オススメは幅1m以上の幅広ハンガーラック

収納力を重視する場合、幅1m以上のハンガーラックがおすすめです。

横幅が広い分、お部屋に置くには少し大きいですが

クローゼットやアパレルショップのバックヤード、物流会社で多く利用されています。

 

 

幅1m以上×耐荷重200kg×楕円パイプ

掛ける洋服の枚数が多くなると、それだけ耐荷重が必要になってきます。

そこで、幅だけでなく重さにも耐えられるものを選ぶのがおすすめです。

通常の丸パイプでは200kgの重さには耐えられませんが、

ハンガーラックの横パイプを楕円形にすることで、耐荷重200kgが実現。

収納の幅が広がり、クローゼットや仕事の制服を収納・整理するのに最適です。

耐荷重200kg 楕円パイプのハンガーラック

 

 

 

物流業者や展示会で愛用される幅広ハンガーラック

業務用で多く使用されている幅広サイズ。

収納枚数が最高ランクのZハンガーラック大では、洋服を100着以上掛けることができます。

さらに、Zハンガーラックは直径の大きなキャスターを利用しているので、

たくさん掛けてもスムーズに移動が可能です。

物流会社や、アパレルブランドの展示会など

大量に洋服を取り扱うお店で愛用されています。

 

車輪が大きくて動かしやすい!組立式のZハンガーラック

 

 

 

幅広ハンガーラックは組立不要がおすすめ

幅が広いハンガーラックを選ぶときのポイントの一つに「組立不要」があります。

ハンガーラックの幅が広くなればなるほど、掛ける洋服の量も多くなり、組み立て式の場合バランスが悪くなってしまいます。

パーツが大きくなる分、組み立ての場所やゴミも多くなってしまうので後片付けが大変になります。

大きなハンガーラックを購入されるときは、組み立ての有無もチェックしてみてください。

 

 

組立不要のメリット

  • 組み立ての手間がいらない
  • 組み立ての時間が必要ない
  • 組み立てるための場所をとらない
  • 接続部分が固定された完成した状態なので頑丈
  • 接続部が固定されているので崩壊の心配が少ない

 

 

 

最後に

収納力を重視する際は、1m以上の幅広ハンガーラックをオススメします。

たくさんの洋服を収納して保管するので、購入の際はハンガーラックの性能も是非確認をしてみてください。

 

 

ハンガーラックを買う際にcheckしたいところ

  • 耐荷重の重いもの(約100kg~200kg)
  • たくさん掛けてもスムーズに移動ができるもの
  • 組立不要
  • 接合部分が溶接されているもの
  • 車輪の大きさ、素材

 

 

1mを超える幅広ハンガーラックは、たくさん洋服を取り扱う事業所の方が愛用されています。

業務の内容や、ライフスタイルに合わせてぴったりな商品をお選びください。

 

 

プロが愛用する幅広ハンガーラック

ライフスタイルにピッタリの幅広ハンガーラックを選ぶ