病院、レントゲン技師の服やX線防護衣をかけるのに最適なハンガーラック

 

 

最近は医療ドラマで診療放射線技師が主役のドラマをよく目にします。

放射線技師は医師や歯科医師の指示により放射線を使って検査を行う職業です。

放射線は適切に扱わなければ人体が被ばくする恐れがあるため、人体に放射線を照射できるのは、医師と歯科医師以外に放射線技師だけとなり、国家資格が必要となってきます。

もちろん患者さんだけでなく放射線技師も被ばくしないようにレントゲンを撮るときにはX線防護衣を着用し、撮影します。

このX線防護衣には鉛が入っており、1.5Kgから5.0Kgの重量があるそうです。

そんなX線防護衣をハンガーラックにかけるとなると、耐荷重のある頑丈なものが必要になってきますね。

毎日使うものだから、壊れなくて移動ができるものを準備したいものです。

今日は重いものをかけるのに最適なハンガーラックをご紹介していきたいと思います。

 

重いX線防護衣に耐えられる頑丈なハンガーラック(耐荷重が大きいもの)が必要

やはり重いX線防護衣をハンガーラックに何枚もかけるとなると
頑丈で重さに耐えられるハンガーラックが必要です。

重さに耐えられるハンガーラックは何が違うのでしょうか。

 

・パイプの厚み

 

通常販売されているハンガーラックのパイプは0.8mmのパイプを使用しています。

当社は1.2mmという肉厚なパイプを使用しており
500円硬貨の直径よりも太いパイプになっております。

また楕円パイプを使用することにより

縦からの耐荷重に強く200kgもの重さに耐えることができます。

重い防護衣や服などを掛けてもぐらつくことはありません。

 

 

・接合部が完全溶接

 

他社は、コスト削減のために接合部にプラスチック部品を使用、または部分溶接をしていますが、
当社は手間がかかっても接合部を完全溶接して強度をアップしています。

 

 

 

ハンガーラックのキャスターの強度

 

病院内でハンガーラックを使用していると、移動がスムーズな方がありがたいですよね。

忙しい業務の間にハンガーラックの移動に時間がかかってしまうとストレスにもなり
業務に支障もきたしてしまいます。

時間短縮のためにも移動がスムーズにできるキャスターがあるものを選びたいものです。

 

一般的な家庭用ハンガーラックのキャスターは、プラスチックで出来ており弱いものです。

当社のハンガーラックはボディの強さに負けない強キャスターを使用。
荷重がかかる部品に金属を使用していますので、耐荷重が強くなっています。

「たくさんかけてもスイスイと動かせる」「方向転換時もスムーズ♪」など、多くのお客様から喜ばれています。

当社のハンガーラックは人が乗ってもキャスターが歪むことはありません。

 

国内最高レベル 耐荷重200Kgのおすすめハンガーラック

 

タフグランF-Class1200ハンガーラック 幅120cm 耐荷重200kg

 

当店人気商品!
幅広で耐荷重が200kgなのでたくさんの服をかけることが可能。
シンプルなデザインなので院内の移動も気になりません。

 

タフグランF-Class900ハンガーラック 幅90cm 耐荷重200kg

 

1番よく使われるサイズ幅90cmハンガーラック
かける衣服やご自身の身長、設置場所に合わせて自由に高さ調節可能
らくらく3ステップで変えることができます。

 

タフグランF-Class600Mハンガーラック 大型キャスター付き オールクローム

 

洋服をかけたままでの移動に最適化された業務用ハンガーラック
直径75mmのキャスターでスムーズな移動が可能
少しくらいの段差やケーブルを乗り越える際も安定して動かすことができます。

 

 

上記で紹介した商品はすべて完成品で届くのですぐにご使用いただけます!
組立作業時間も組立するスペースもいりません!
他にも沢山当店のハンガーラックの特徴がございますので詳しくは商品ページへ♪

 

他のサイズはこちら(クリックしてカテゴリページへ)↓