高さ調整は簡単&自由自在!コートや着物など丈の長い衣類も掛けられるタフグランのハンガーラック


 
ハンガーラックは掛ける衣類や状況によって適切な高さがあります。
和服やドレス、上下一体型の作業着などは背の高いハンガーラックに掛けないと床に触れてしまいます。
アパレルショップなどではお客様に服を手に取ってもらいやすいような位置に掛けないといけません。
つまり、ハンガーラックを選ぶ際には幅や頑丈さ以外にも高さ調整ができるかどうかもチェックする必要があります。

 

タフグランのハンガーラックは自由自在に高さ調整できる!

タフグランのハンガーラックは自由自在に高さを調整できます。
高さの調整方法はとても簡単なネジ式です!
内パイプと外パイプの摩擦力で固定されるので、パイプに穴を空けて強度を下げることなく高さをしっかりと保てるのです。
 
他社のハンガーラックは高さを上げ下げする際にパイプが引っかかってスムーズに動かないことがあります。
それは上下のパイプの径に差があることが原因です。
タフグランのハンガーラックは出荷前にしっかりと職人によって細かな調整が行われています。
そのため、スムーズに高さ調節が可能なのです。

 

 

高さ調節方法

各製品の高さ調整方法をご紹介します。
いずれも洋服を掛けた状態での調整は危険ですので、洋服をおろした状態で作業してください。

 

スタンダードタイプの場合

ハンガーラックは一番低い状態に下げた状態でお届けします。
両サイドのネジをゆるめて横バーを動かしてください。
ご希望の高さになったら両サイドのネジを再び締めて完了です。
 
↓ 高さ調整の様子を撮影しました。
スムーズに動くことがわかるかと思います!

 

重量用二段ハンガーラックの場合

梱包を外したら、まず中段バー用のネジ(下のネジ)を両方ゆるめて中段バーを外してください。
次に上段バー用のネジ(上のネジ)をゆるめ高さを調整します。
高さ調整用の穴の開いた縦パイプを動かし、お好みの高さの穴でネジ止めします。
最後に中段バーを取り付けて完了です。
 

縦パイプの穴をネジ止めするタイプは通常なら強度が落ちることがあるのですが、パイプを太くし、ネジ止めを片側2カ所(左右で4カ所)することで強い耐荷重を保っています。
 


 
重量用二段ハンガーラック
タフグラン重量用2段ハンガー 静音キャスタータイプ 幅90cm 耐荷重200kg
タフグラン重量用2段ハンガー 静音キャスタータイプ 幅135cm 耐荷重200kg

 

プッシュ式ハンガーラックの場合

梱包を外したら、上段バーに手を添えて上に持ち上げてください。
上げ過ぎるとパイプが外れてしまいますのでご注意ください。
外れた場合は、両サイドの縦パイプ上部のボタンを押しながらはめてください。
バーを下げる時は上部のタンを両方押しながら引き下げてください。
 

 
プッシュ式ハンガーラック
タフグランT-Class900プッシュ式ハンガーラック 幅90cm 耐荷重50kg
タフグランG-Class900プッシュ式ハンガーラック 幅90cm 耐荷重50kg
 

高さ2m以上にできるハンガーラック

ハイハンガーラックシリーズ

1m30cm~2m3cmの間で自由に高さを調整できるハンガーラックです。
ロングコートや着物などの丈の長い衣類でも余裕で掛けることができます!


タフグランS-Class900H ハイハンガーラック 幅90cm 高さ最大2m 耐荷重100kg

 

重量用二段ハンガーラック

1m34cm~2m13cmの間で自由に高さを調整できるハンガーラックです。
中段の横バーで上下二段で洋服を掛けることができる大容量のハンガーラックです。
横バーを外して丈の長い衣服を掛けるために使うこともできます。


タフグラン重量用2段ハンガー 幅135cm 耐荷重100kg

 

調整ネジを紛失してしまった時は?

ネジを紛失された場合もご安心ください!
部品の予備もご用意しております。お気軽にお問い合わせください。
当店では長くご愛用頂きたいという想いから、安易な規格変更を行っていません。

 

まとめ

タフグランのハンガーラックは高さ調整しやすい製品になっています。
そのポイントは3つ

  • 手順が簡単!
  • 引っかかりがなくスムーズに上げ下げできる!
  • 高さ2m以上の製品も充実!

ハンガーラックを選ぶ際は高さ調整についても注目してみてください!
 
 
ハンガーラックの通販なら業務用を専門に取り扱う美d生活工房にお任せください。
幅1m以上のものや耐荷重200kg以上のものまで幅広い品揃え、国内工場から直送、組立不要で一生使えます。